藤崎報告書

現地に足を運んで、あるいは書籍等で調べたことを簡潔にまとめます。この内容がどなたかのお役に立てるなら幸いです。

虚構王 ジョー・バイデン

f:id:s_fujisaki:20210130210213j:plain


 この男をご存知だろうか。
 
 そう、彼は第46代合衆国大統領とメディアが報じている者である。
 

f:id:s_fujisaki:20210130210209j:plain


 彼は、あからさまな不正により選挙を盗み、「DeepFake」ソフトウェアを用いた偽りの映像にて就任式をでっちあげ、ホワイトハウスを模したハリウッドの映画セットの中で執務をしているフリをしているのだ。それより何より、この男はジョー・バイデンではない何者かなのだ。
 

f:id:s_fujisaki:20210130210221j:plain


 なんだこのビッグスケールコントは。ドラマ「24」のプロデューサーだって「さすがにこれはちょっと・・」と尻込みしてしまいそうな展開である。なるほど、ポップコーンの消費が進むわけだ。
 

f:id:s_fujisaki:20210130210216j:plain


 ジョー・バイデン(仮名)は、パレードでは兵士にそっぽを向かれ、飲食店で声をかけた国民には無視され、「F-35の情報を教えて」と国防総省に訊ねると「やだよ」と門前払いされる日々を送っている。とはいえ、それもこれも序章に過ぎない。彼が更なる苦悩に身をやつす日はもうすぐそこまで来ている。

 

生ける伝説 ドナルド・トランプ

f:id:s_fujisaki:20210117151722j:plain


 秘匿情報に触れられる方たちの発言や表情は自信に満ち溢れている。そこに憂いや焦りは微塵も感じられない。
 
 そうか・・もうとっくに雌雄は決していたのか・・ 遂に彼らは悪から世界を取り返したのだ。
 
 ディープステートが倒されるのを生きているうちに目にすることができるとは露も思わなかった。僥倖である。彼はやった!有言実行の風雲児ドナルド・トランプ大統領はやってのけたのだ。
 
 

f:id:s_fujisaki:20210117151726j:plain


 バラク・オバマのツィートは1月9日を最後に途絶えた。奴もこの日を最後にキューバの監獄に連行されたのであろう。
 
 

f:id:s_fujisaki:20210117151715j:plain


 人類史上における大事件は2021年1月に起こったのである。これはあの第二次世界大戦の比ではない。なにせ、その世界大戦等の数々の災厄を画策した一味を遂に捕らえたのだ。
 

f:id:s_fujisaki:20210117151730j:plain


 ドナルド・トランプ大統領は英雄という称号で賛美されるだけでは全く足りない。彼は人類史に燦然と輝く偉人なのだ。なんなら、アメリカはユナイテッドステイツオブトランプと国名を変えるべきだ。彼はそれだけのことを成し遂げたのだ。


f:id:s_fujisaki:20210117151733j:plain


 東亜の海に散っていった同胞よ。原爆で殺戮された同胞よ。喜んでくれ!ドナルド・トランプという英傑が遂に仇を取ってくれたぞ!!

 

トランプは一体何と戦っているのか

f:id:s_fujisaki:20210103204921j:plain


 彼らをご存知だろうか。
 そう、彼らはかつて保守派論客として一定の名声を得ていたが、今やその言論価値は岡田晴恵レベルにまで成り果てた者たちである。
 
 彼らはなぜ寝返ったのだろうか。
 
 金に目が眩んだのだろうか
 何者かの圧力に屈したのか
 単なるバカなのか
 
 分からない。分からないが、確実に言えることは、彼らは既に過去の人たちだ ということである。

 

 
 それはいい。
 本題に入る。

 

f:id:s_fujisaki:20210103204903j:plain


 アメリカ大統領選である。

 ドナルド・トランプは一体何と戦っているのだろうか。メインストリームメディアが報じるように トランプ陣営 VS 民主党 という構図で見るのが正しいのだろうか。いいや、もちろんそんなはずはない。
 それでは、SNSで多く指摘されているように トランプVS中国共産党 という図式なのだろうか。確かに、本選挙の不正に中共が加担していたのは間違いない。しかし、この選挙の実態を素直に表すなら
 

f:id:s_fujisaki:20210103204917j:plain


 トランプ陣営 VS ディープステート
 
 となるだろう。共産党もディープステートがこしらえた集団の一つに過ぎない。
 

f:id:s_fujisaki:20210103204908j:plain


 不正により票数が操作されなければ、トランプは8000万を優に超える票を獲得していたことは確実だそうだ。バイデンが8000万人の支持を得たなどとは当のバイデンでさえ思っていない。ディープステートはその無尽蔵に所有するドルを駆使して国民の心を惑わそうと画策したが、ほとんどの国民の心を拐かすことはできなかった。
 

f:id:s_fujisaki:20210103204912j:plain


 本件は 正VS邪 の戦いといった方が適当である。もはや選挙で誰が勝つかという低次元に納まる事柄ではない。そして、今回の騒動でより一層不誠実且つ邪悪さが露呈したのはメインストリームメディアである。彼らの信用はまったく地に堕ちた。
 
f:id:s_fujisaki:20210103204857j:plain


 まだ大統領選は終わっていない。そしていまトランプ陣営の最終兵器たる猛獣が遂に解き放たれた。
 魑魅魍魎共よ。震えて眠れ。

TVの報道内容がこれほど低レベルなのはなぜか

f:id:s_fujisaki:20201122213532j:plain

 

 メインストリームを走るオールドメディアの報道内容は泣けるほど低レベルである。これはどうしてだろうか。
 

f:id:s_fujisaki:20201122213525j:plain


 我々国民がアホだからである。
 
 TV局とて慈善で番組を作っているのではない。経済活動として収益を得なければならないのである。CMスポンサー料を得るには視聴率を上げなければならない。視聴率を上げるには、視聴者のレベルに合った視聴者の望むものを放送しなければならない。
 
 国民がアホだからTVのレベルが低いのか
 TV内容が低レベルなので国民がずっとアホのままなのか
 
 分からない。分からないが、後者であるならそれを企てた者の策略は見事成し遂げられたといえる。
 

f:id:s_fujisaki:20201122213540j:plain


 大統領選に関する先日のこの二人の発言には心底失望した。大臣でさえ地上波を鵜呑みにする程度の情報力なのである。
 
 

 

 我々は諦めるしかないのか。この巨大な権力に呑まれるしか術はないのか。
 

f:id:s_fujisaki:20201122213536j:plain


 いやだめだ。ここで諦めてしまったら、我々を存続させるために戦艦に突っ込んでいった同胞に全く顔向けできないじゃないか!

 

バイデンは本当に優位なのか 米大統領選

f:id:s_fujisaki:20201102221755j:plain

 第一回TV討論会後の各メディアが集計した世論調査によれば、バイデンが大統領選において優位にあるという。
 

 失笑である。全世界は失笑の渦に巻き込まれた。これが出鱈目であるということなど誰もが気付いている。当のジョー・バイデン自身でさえ、自分が当選しようものとは露も思っていないのだ。
 

f:id:s_fujisaki:20201102221803j:plain

 メディアの報道は真に滑稽だ。この報道にもしかしたら国民が騙され、万が一にもバイデンが当選すればめっけもん。彼らはその程度のノリでやっているに過ぎない。
 

f:id:s_fujisaki:20201102221759j:plain

 傀儡はなるべくアホなほうがいい。コントロールが容易だからだ。その御眼鏡に適ったのがジョー・バイデンである。この男の中身はカラッポだ。
 

f:id:s_fujisaki:20201102221750j:plain

 似たような構図が最近日本でもあった。このぬらりひょんをメディアは予てよりさんざん持ち上げたが、メディアの総力をもってしても、この男が遂に日の目を見ることはなかった。
 

f:id:s_fujisaki:20201102221746j:plain

 もうウンザリだよバイデン。
 さよならバイデン。

 

原爆が日本に投下されたのはなぜか 「のび太のくせに生意気だ」

f:id:s_fujisaki:20200816203539j:plain


 「原爆の投下は戦争を終わらせるための必要な行為だった」
 
 こういった見解を持つ米国人は未だ数多い。彼らにこのように指摘されたときに我々はどう反応すればいいのだろう。迷うことはない。こう答えればいいのだ。
 
 「寝言は寝てからいえよ」
 

 

f:id:s_fujisaki:20200816203543j:plain


 日米の衝突は、米国の都合で起こったということは既に述べた。争いを辞めたいのであれば、この扉を開けろと戸を打ち鳴らすこぶしを下ろし回れ右して帰ればいいだけのことではないか。
 日本にとってまったく必要のない戦いを終わらせるのである。けしかけてきた方が「終わりにします」と宣言し撤退すればそれで済むことである。
 
 だが最終的に原爆は投下された。有史以来最大の犯罪は実行されてしまったのである。なぜか。
 
 その威力を実験してみたかったからなのか。
 社会主義者たるFDルーズベルトが共産圏拡大に貢献しようとしたのか
 
 いいや違うだろう。FDルーズベルトが日本への原爆投下を確固として譲らなかった理由。それは
 

f:id:s_fujisaki:20200816203547j:plain


 有色人種のくせに生意気だ。
 
 これである。
 
 「黄色人種の中でも中国人や朝鮮人は生かしておいてもよい。あいつらはアホだから奴隷として使える。だけど日本人はダメだ。徹底的に殺すんだ。あいつらは聡いからきっと我々の脅威となる」
 
 これはFDルーズベルトがよく口にしていたことだ。秘密の文書に書かれていた記録ではない。日頃から公言していた内容である。
 
 中国や朝鮮に住まう諸君。日本に原爆が落とされて喜んでいる場合ではない。貴殿らは欧米人にこういう風に思われているのだよ。
 

f:id:s_fujisaki:20200816203551j:plain

オッペンハイマー


 原爆開発の指導者の一人 ロバート・オッペンハイマーは、原爆投下の罪の重さに耐えきれず発狂して死んだ。彼はまだ僅かながらまともな神経を有していたのだろう。
 
 米国よ。原爆による虐殺に対する謝罪は一切不要だ。だが、核による報復権を我国が未だ有している現実をいついかなる時も忘れてはならない。