藤崎報告書

現地に足を運んで、あるいは書籍等で調べたことを簡潔にまとめます。この内容がどなたかのお役に立てるなら幸いです。

虚構王 ジョー・バイデン

この男をご存知だろうか。 そう、彼は第46代合衆国大統領とメディアが報じている者である。 彼は、あからさまな不正により選挙を盗み、「DeepFake」ソフトウェアを用いた偽りの映像にて就任式をでっちあげ、ホワイトハウスを模したハリウッドの映画セットの…

生ける伝説 ドナルド・トランプ

秘匿情報に触れられる方たちの発言や表情は自信に満ち溢れている。そこに憂いや焦りは微塵も感じられない。 そうか・・もうとっくに雌雄は決していたのか・・ 遂に彼らは悪から世界を取り返したのだ。 ディープステートが倒されるのを生きているうちに目にす…

トランプは一体何と戦っているのか

彼らをご存知だろうか。 そう、彼らはかつて保守派論客として一定の名声を得ていたが、今やその言論価値は岡田晴恵レベルにまで成り果てた者たちである。 彼らはなぜ寝返ったのだろうか。 金に目が眩んだのだろうか 何者かの圧力に屈したのか 単なるバカなの…

TVの報道内容がこれほど低レベルなのはなぜか

メインストリームを走るオールドメディアの報道内容は泣けるほど低レベルである。これはどうしてだろうか。 我々国民がアホだからである。 TV局とて慈善で番組を作っているのではない。経済活動として収益を得なければならないのである。CMスポンサー料を得…

大うつけ総理 菅義偉

菅義偉よ。お前がバイデンに祝意を表したというのは本当か。 こんっ たわけが!

バイデンは本当に優位なのか 米大統領選

第一回TV討論会後の各メディアが集計した世論調査によれば、バイデンが大統領選において優位にあるという。 失笑である。全世界は失笑の渦に巻き込まれた。これが出鱈目であるということなど誰もが気付いている。当のジョー・バイデン自身でさえ、自分が当選…

原爆が日本に投下されたのはなぜか 「のび太のくせに生意気だ」

「原爆の投下は戦争を終わらせるための必要な行為だった」 こういった見解を持つ米国人は未だ数多い。彼らにこのように指摘されたときに我々はどう反応すればいいのだろう。迷うことはない。こう答えればいいのだ。 「寝言は寝てからいえよ」 日米の衝突は、…

「リメンバー パールハーバー」この言は的を射ているのか

大東亜戦争において、日本が戦ったのは単なる欧米人の都合に過ぎなかったことは既に述べた。有色人種は白人に侵略されて当然である。この頭のおかしい人たちのエゴイズムに我々は抗っただけである。日本は自衛のためにやむを得ず戦ったに過ぎない。 日本にと…

山梨におわす代表的日本人 滝本妃さん

災禍は去った。我々は乗り越えた。 世界は瞠目し我が国をこう称えている。『ミラクルジャパン』と。 単位人口あたりの死者数は、各国に比べ我が国は驚異的な少なさであった。これはひとえに、日本国民一人一人の誠実さが所以の結実である。 常に清潔を心掛け…

汚染地域からの外国人の入国は本当にストップしたのか

4月3日より我が国においても、武漢ウイルス汚染地域からの外国人の入国禁止が厳格化された。これをもって汚染地域からの外国人の流入は食い止められたと認識している方は未だ多い。 そうなのでしょうか。汚染国からの流入はストップしたのでしょうか。いいえ…

僅かなお金で国を売る者たち

この男をご存知だろうか。 与党内に巣食う反社勢力のボス 二階俊博 後世において利敵の賊との汚名を一身に集める者の名である。 彼の裏切りの数々を改めて列記する必要もあるまい。僅かな金銭を手に入れるために、簡単に祖国を売ってしまう者は少なくないの…

中国・韓国が執拗に反日政策をし続けるのなぜか

黒幕はアメリカです。 脅威となる国の発展を阻害するために、その国の周辺国を使嗾し小競り合いを起こさせ勢いを削ぐ。古来より用いられてきた常套手段である。 日本が再び大国となるのを防止するために、中国・韓国を使って日本をアウアウさせる。使役して…

日本政府が頑なに中国全土からの入国を禁止しないのはなぜか

習近平の国賓来日を中止させないよう配慮しているからである。 世界各国の複数のウイルス研究者によれば、現在世界を脅かしている武漢ウイルスとは人為的に作られたものであり、その形態はエイズウイルスおよびSARSウイルスのような構造を持つという。 中国…

安倍首相は諦めてしまったのか

安倍首相の表情が暗い。瞳には力が無く、生気がなくなってしまった。 もう全てが嫌になってしまわれたのだろうか。 憲法改正,拉致被害者奪還 に燃えていたあの頃の彼とは別人である。もう全てを諦めてしまったのだろうか。 野党による、実体の無い責任追及 …

グレタ・トゥーンベリはリアル『ナウシカ』なのか

いいえ。もちろん違います。 彼女は、そう 『環境利権ヤクザの断末魔』 という表現が適当です。 1990年 米国議会の公聴会で一人の少女が涙ながらにある証言をした。 「病院に乱入してきたイラク兵たちは、赤ちゃんを保育器から取り出すと次々と床に投げ捨て…

日本は中国に侵略したのか(日本は侵略戦争していたのか追補)

大東亜戦争においては、日本軍はアジア各国に対してではなく、アジア各国に侵略していた白人の軍に対して戦っていたことは以前に述べた。 これに対し「あんたら中国軍と戦ってたじゃないか!中国人はアジア人じゃないのか」と反論してくる方がいる。この指摘…

日本は侵略戦争をしていた悪辣非道国家なのか

いいえ もちろん違います。 日本国が被った数々の歴史のすり替えの中で、最も国民を縛りつけているものはこれでしょう。 ********* 戦前の日本について語るときに未だ次のような認識の方は少なくない。 「大東亜戦争において、日本はアジアの国々に侵略し非…

侵略とはなにか

学校での歴史の授業においては、列強の勢力拡大について先生は次のような論調で講釈を垂れたものである。 紀元前323年 マケドニアはペルシア方面に進出し広大なエリアを支配圏とした。たいしたもんだ。 117年 ローマは地中海沿岸一帯に進出し広大なエリアを…

天皇陛下のご真影を燃やして足蹴にしてもよいのか

紀元4世紀。仁徳天皇は高台より眼下をご覧になられた。家々のかまどからコメを炊く煙が立ち昇っていないこと確認すると、つまり、民衆が十分な食料を得ていないことにお気づきになると、陛下は向こう三年の税を免除する決定をされた。 この決定後、陛下は衣…

反日日本人がこれほど多く存在するのはなぜか

トーマス・ジェファーソン 「新聞を読む者よりも、新聞をまったく読まない者のほうが真実に近い」トーマス・ジェファーソン(アメリカ合衆国第三代大統領) 祖国を蔑むようなことを平気で口にする国民をこんなにも抱え込んでいる国もそうはないだろう。どう…

森友・加計騒動とは結局何だったのか

この男をご存知だろうか。 そう、ミスター厚顔無恥。前川喜平前文科省事務次官である。 彼はとある記者会見の席上、自らが歌舞伎町の連れ出しバーに足繁く通っていたことを追求され、こう言い放った。 「女性の貧困について、実地の視察調査をした」 失笑で…

慰安婦 南京 アメリカは嘘だと知っていながら容認し続けるのはなぜか

ぐるだからですね。 第二次世界大戦において、日本とドイツを破壊して利を得たのは誰か。共産圏の拡大を抑える東西の砦たるこの二国が粉々になって大喜びしたのはソ連ですね。 ハーバート・フーバー 米国人の中には当時からこの愚行に気付いていた有識者はも…

真珠湾攻撃が日米開戦の原因なのか

歴史とは、事実をそのまま鏡に映しこんだものではありません。様々な事件の相互関係を時の権力者が自らの都合のいいように書き記したものにすぎません。 第二次世界大戦においても主流となっている歴史解釈には夥しい数の嘘が蔓延しています。間違った歴史解…

世紀の抜け作 フランクリン・デラノ・ルーズベルト

FDルーズベルトが日米開戦を決めたことは既に述べました。 これによってその後の世界がどうなったのか。共産主義を防ぐ東部の砦となっていた日本を破壊したことにより、共産圏はどんどん膨れ上がります。 民主主義を標榜するアメリカとしてはこれを防がなけ…

第二次世界大戦における日米間の開戦理由とは突き詰めれば何か

FDルーズベルト かの戦争の全体を俯瞰し、日米激突の原因を突き詰めて端的に述べるなら、フランクリン・デラノ・ルーズベルト米大統領(以下FDルーズベルトと記す)が共産主義信奉者だったからです。 民主主義を標榜する国家の大統領があの当時から共産主義…

日本軍による南京大虐殺はあったのか

ないですよそんなもん。 バカバカしい。 中国において、日本軍による南京大虐殺なんて内容は教科書に一度たりとも登場しませんでした。それが起こったとされる1937年からず~っと登場しませんでした。新聞雑誌にさえ掲載されませんでした。当然です。そんな…

従軍慰安婦は強制された性奴隷なのか

違いますよ。 バカも休み休み言いなさいよ。 韓国および左翼団体によるこのプロパガンダの発端は、吉田清治による著書「私の戦争犯罪」です。この中で吉田は「日本軍の依頼を受けて朝鮮人慰安婦狩りをした」といった内容のことを語っています。 これに売国新…

すっとこ日本国憲法

日本国憲法について必死こいて調べてみました。 日本国憲法の成り立ちについて述べますよ。 日本国憲法の成立の過程って学校で教えませんね。徹底して教えませんね。怖いね。 日本国憲法は1946年にアメリカ(第二次大戦の戦勝国のひとつ)のGHQによって作ら…

桶川事件現場で最長有期刑の短さに疑問を持つ

桶川ストーカー殺人事件 桶川事件現場へ赴く 現行法の量刑について 桶川ストーカー殺人事件 1999年10月26日 埼玉県のJR桶川駅前にて猪野詩織さんは刃物で刺されて死亡しました。詩織さんは21歳でした。 被害者の猪野詩織さん(清水潔 著『遺言』より[1]) 犯…

化石の宝庫 南三陸町で世界最古の魚竜に会う

ウタツサウルス 化石の宝庫 南三陸町 現地レポート 化石発掘現場の現在の状況 化石の展示場 魚竜の化石 嚢頭類の化石 ウタツサウルス ウタツサウルス(和名『歌津魚竜』)は世界最古の魚竜です。 1970年12月 宮城県南三陸町歌津の舘崎で奇妙な化石が発見され…