藤崎報告書

現地に足を運んで、あるいは書籍等で調べたことを簡潔にまとめます。この内容がどなたかのお役に立てるなら幸いです。

「リメンバー パールハーバー」この言は的を射ているのか

f:id:s_fujisaki:20200815211510j:plain


 大東亜戦争において、日本が戦ったのは単なる欧米人の都合に過ぎなかったことは既に述べた。有色人種は白人に侵略されて当然である。この頭のおかしい人たちのエゴイズムに我々は抗っただけである。日本は自衛のためにやむを得ず戦ったに過ぎない。
 
 日本にとって全くメリットのなかったこの大戦。とりわけアメリカと戦うことなんて何の意義があるのだろう。米国人がバカの一つ覚えのように連呼する「リメンバー パールハーバー」。これは的を射ているのだろうか。
 

f:id:s_fujisaki:20200815211528j:plain


 1930年代。アメリカ国内にはすっかりコミンテルンのスパイが跋扈し、当代の大統領のFDルーズベルトもすっかり社会主義思想に染まっていた。世のインテリ層も同様、社会主義共産主義が世界を席巻するだろうと思っていた。今思うとありえない風潮が世界に蔓延していた。
 

f:id:s_fujisaki:20200815211533j:plain


 有色人種国家は白人の植民地にしてしまおう。欧米人はこの野望の最終局面で最後の一国を従えずにいた。日本である。日本が想定外に強いのだ。
 有色人などいう下等人種を従わせることなど容易い。彼らのこの傲慢な固定観念は覆された。眠っていたサイヤ人を起こしてしまった欧米人はたいそう慌てた。こんなの予定にないことだ!
 

f:id:s_fujisaki:20200815211513j:plain


 とりわけ困ったのはソ連である。共産圏を東へ東へと進めてきたら、日本の直前で止まっちゃったじゃんかよ!どうすりゃいいのさ!
 そこでソ連は、先ほど述べたコミンテルンを使って日米を激突させます。民主国家圏の大国である二国がぶつかり合い両国とも疲弊すれば、共産圏にとってはシメたものです。
 

f:id:s_fujisaki:20200815211537j:plain

コーデル・ハル


 米国のFDルーズベルト国務長官コーデル・ハルを使って日本に文書を送り付けます。かの悪名高きハル・ノートである。この最後通牒たるハル・ノートの内容をざっくりいうと「あんたら今後はウチらの奴隷な。それが嫌なら死ぬんだな」というものである。
 
 殺されることを宣言されて、はいそうですかと日本が受け入れるワケがありません。日本軍は本土を離れ、真珠湾アメリカ太平洋艦隊を攻撃しました。
 
 ところが、FDルーズベルトは、このハル・ノートを日本に渡したことも、またその内容についても米国議会に、いや、全アメリカ国民に知れ渡らぬよう隠していました。「日本卑怯なり!」の世論を形成したいがために。
 
 FDルーズベルト真珠湾の米国民2400人を見殺しにしただけでなく、全米国民を欺いていたのである。
 

f:id:s_fujisaki:20200815211518j:plain


 FDルーズベルトの英雄像はウソで塗り固められている。その実態は希代の暴君に匹敵するものである。
 彼らの口車に乗ってはならない。